キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 レーザー脱毛で起きる肌トラブル : 新宿レーザー脱毛ROOM

新宿レーザー脱毛ROOM

レーザー脱毛で起きる肌トラブル

サイトマップ

レーザー脱毛で起きる肌トラブル

新宿には数多くのレーザー脱毛のできるクリニックがあり、大手の美容クリニックも集まっています。

どのクリニックにおいても、トラブルが100%起きないという保証はなく、レーザー脱毛を考える場合は事前にどの様なケースがあるか知っておくことが大切です。

レーザー脱毛は、連続して施術を受けることで次第に毛根が減っていき、ゆくゆくは全てのムダ毛を脱毛できるという素晴らしい脱毛方法です。

しかし、肌質や体調などで肌トラブルがおきてしまうこともあります。

トラブルの中で最も多いのは、施術後に痒みが出るという症状です。

一回目は大丈夫だったのに、二回目以降に痒みが出たという人もいます。

体験のテストショットでは気づけず、そのまま施術をしてしまったという人もいるでしょう。

▼参照・・・脱毛エステにご注意!(発表情報)_国民生活センター

痒いからといって、その部分を掻いてしまうと傷になって後々残ってしまうこともあります。

痒みが出た時点で医師に相談をすること、掻くのを我慢して冷やすなどの応急処置をとるなどしましょう。

レーザーの後の皮膚はダメージを受けて弱っているので、乾燥などで痒くなることもあります。

医師は肌の様子をチェックしつつ、レーザーのパワーを変えて施術をします。

また、レーザー脱毛の実績が少ないクリニックでは照射パワーの調整がうまくいかず、火傷になってしまうというトラブルもあります。

赤みがでることはありますが、通常の赤みは二、三日で引くので、赤みが少しでも場合は早めに医師に相談しましょう。

新宿でレーザー脱毛の施術を受けようと考えているのであれば、痒みや火傷などの肌トラブルのことを知り、万が一の時の対応を確認しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム